キャットタワーの違いと選び方のポイント

設置する場所をよく考える

家で猫を飼っている方なら、猫のためもキャットタワーを用意してあげるのがおすすめです。しかし、種類によって値段も違いますから、事前にしっかりとチェックしてみて猫が喜んでくれるものを選びましょう。家の中で猫を飼っているとどうしても運動不足になってしまいます。ある程度の広さがある家でも猫は上下運動をする習性がありますから、ある程度高さのあるものが必要です。
そんな猫の運動をサポートしてくれるのがキャットタワーです。キャットタワーにもいくつかのタイプがありますから、家の広さや高さ、設置氏や水タイプのものを選びましょう。移動が楽で値段も比較的リーズナブルなのが据え置きタイプです。ただ置くだけで設置が完了しますし、別の場所に移動させたい時にも運ぶだけですみます。
このタイプを選ぶなら、置きたい場所の高さにあっていて倒れたりしないしっかりした作りのものを選びましょう。突っ張りタイプのキャットタワーは転倒の心配がありません。突っ張り棒の要領で天井と床でしっかりとキャットタワーを支えてくれますから、地震などが起きた時でも安心です。しかし、簡単に場所を移動できませんから、設置する場所をよく考えた上で部屋のサイズに合ったものを選びましょう。

据え置き型と天井突っ張り型の違い

猫を室内飼いしている方にぜひお勧めしたいのがキャットタワーの購入です。一台で遊び場、寝床、隠れ家、爪とぎといろいろ使えてとっても便利だからです。キャットタワーには「据え置き型」と「天井突っ張り型」があり、据え置き型は固定しないため移動できるというメリットがありますが、安定感を持たせるために土台が大きく重いのがデメリットです。
天井突っ張り型はネジで天井に固定するため、土台を小さくできスペースを節約できる、猫が飛び乗ってもグラグラしない安定感がメリットですが、動かせない、賃貸住宅の場合は天井にネジ穴を開けられないため、粘着マットで代用するため強度が落ちるというデメリットがあります。
高さは天井突っ張り型のほうが有利で、運動能力の良い成猫や高いところが好きな猫に向いています。お勧めは天井近くに広い台座のあるタワーです。一方、据え置き型は低めのものが多く1m以下程度の子猫用や、1m50cm前後の大人の背丈よりやや低いものが主流です。子猫や足腰の衰えた老猫には高さのない据え置き型が良いでしょう。
上り下りが得意でない猫や足腰が弱った老猫には、ステップの段差が緩やかでゆったり体を伸ばして寝られる台座のあるタワーがお勧めです。階段付きのキャットタワーは上り下りがしやすく良いのですが、中には角度が急すぎてほとんど実用にならないものもあります。お宅の猫ちゃんに合ったキャットタワーを選んであげてください。

カテゴリ

新着記事リスト

2017年08月23日
キャットタワーがオススメだといえる必要性を更新。
2017年08月23日
キャットタワーの違いと選び方のポイントを更新。
2017年08月23日
見ているこっちも癒される!キャットタワーを更新。
2017年08月23日
ストレス発散にも健康促進にも最適を更新。

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930