キャットタワーがオススメだといえる必要性

キャットタワーの必要性3つ

ペットとして部屋の中で猫を飼っている人って結構、多いのではないでしょうか。犬のように散歩させる必要もないですが、その分、家の中だけだと運動不足になるのでは?と心配になりませんか。そこでお勧めしたいのが「キャットタワー」です。キャットタワーには大きく3つの目的があります。
一つ目は運動不足を解消させること。一口にキャットタワーと言っても様々な形がありますが、その多くが上へ行ったり下へ行ったりと移動ができるような構造になっています。猫は高いところから獲物を狙う習性があるので、上下運動が好きな動物なんです。
二つ目はストレス発散させること。これは運動不足にも関わってきますが、部屋の中でしか行動ができないと窮屈になってストレスがたまってきてしまいます。仕事が忙しければあまりかまってあげれない日もあると思います。そこで活躍するのがキャットタワー。猫の遊び場としてストレス軽減につながります。
三つ目はいたずらを防止すること。キャットタワーには爪とぎができるようになっているものが多くあります。そのため、家具や壁などを爪を研いで傷つけられてしまう心配がなくなります。入手方法としては、ホームセンターなどで様々な形が売られていたり、DIYの方法を紹介するホームページがあったりします。大切な猫が運動不足やストレスを抱えたり、いたずらすることがないよう、キャットタワーを使ってみてはいかがでしょう。

爪とぎにもオススメ

室内なのに猫が高い所に行けたり、そこで休んだり、運動不足の予防にもなるのがキャットタワーです。最近では室内飼いの猫が増えたことでホームセンター以外にもネット通販でも様々なキャットタワーを販売しています。3匹以上で多頭飼いをしている方や室内が狭い家は猫に負担、ストレス等がかかっているかもしれません。
その理由としては3匹以上の多頭飼いや室内が狭いと猫の数が多かったり、室内に物があると家の中を思いっきり走り回ることが出来なかったり、お気に入りの場所を他の猫に取られてしまう事があり、猫に負担やストレス等が生じてきます。
ですがキャットタワーは大きいものだと25cm程のものがあるので室内が広くない方や3匹以上の多頭飼いの方にとてもおススメです。猫の数が多かったり、室内が狭くても高さのあるキャットタワーを置くことで、猫がキャットタワーを登ったり下りたりするので自然に運動不足が解消されたり、体を思いっきり動かすことでストレスが軽減されます。そして、キャットタワーの棒の部分が爪とぎになっている物もあるのでそこら中で爪とぎをしてしまう猫にもオススメです。ちなみにキャットタワーの横幅は様々な大きさのものがあるので部屋に合わせて選ぶと良いでしょう。

カテゴリ

新着記事リスト

2017年08月23日
キャットタワーがオススメだといえる必要性を更新。
2017年08月23日
キャットタワーの違いと選び方のポイントを更新。
2017年08月23日
見ているこっちも癒される!キャットタワーを更新。
2017年08月23日
ストレス発散にも健康促進にも最適を更新。

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930